詳しく簡単解説 中国語基礎文法 助動詞の用法・ニュアンスの違いについて

スポンサーリンク

詳しく簡単解説 中国語基礎文法 助動詞の用法・ニュアンスの違いについて

助動詞には5つの意味合いで区分できます。

①〜できる、〜してよい
能,会,可以

②〜したい、〜するつもり
想,要,肯,敢

③〜すべき、〜しなければならない
得,要,该,应该

④〜する価値がある
值得,可以

⑤〜かもしれない、違いない
会,要,该,得,能,可能

それぞれ説明してきます。

スポンサーリンク

〜できる、〜してよい

能,会,可以は「〜できる」と訳すことが出来ますがそれぞれ用法が少し違います。

「会」について

・技術や学問などを習うという過程を経てからできること

彼は中国に2年間留学していたので,中国語が話せます
他在中国留学了两年,所以说汉语

・生まれつき、あるいは自然にできること

蛙は跳ぶことはできるが、飛ぶことはできない
青蛙会跳,不会飞

「能」について

・能力による可能を表す

私は100メートル泳げる
一百米

・都合による可能を表す

明日会議に出られますか?
明天的会议你参加吗?

・条件による可能を表す=可以

この車は5人乗れる
这车坐五个人 

・許可による可能を表す=可以

ここでタバコを吸ってもいいですか?
这儿抽烟吗? 

「能」の否定について

能力と条件の場合、否定文は「不能」ではなく、可能補語の否定形を使用します。「不能」だと「〜してはいけない」という禁止の意味が強くなってしまいます。

泳不了一百米
明天的会议我参加不了

条件と許可の否定文に関しては「不能」か「不行」となります

「可以」について

「可以」は能の条件による可能と、許可による可能の用法と同じです。
否定は不行か不能

ここでタバコを吸ってもいいですか?
这儿可以抽烟吗?

 

〜したい、〜するつもりだ

「想」~したい、〜しようと思う(まだ考えている段階)
否定は不想

「要」〜したい、〜するつもりだ(すでに行動することを決めた強い意思)
否定は不想

「肯」進んで〜する
否定は不肯

「敢」勇気をもって〜する
否定は不敢

「愿意」重要な行動をとりたい、〜することを心より願ってる
*毎日行う動作行為には使いません

〜すべき、〜ねばならない

「得」〜すべき(義務的な意味)
否定は不用,不必

「应该」〜すべき、〜ねばならない(道理からして当然〜すべき)
否定は不应该

「要」〜しなければならない(自発的に)
否定は不用,不必

「该」〜すべきだ(実際上、道理上からして)

〜する価値がある、資格がある

 「值得」〜する価値がある
否定は不值得

「可以」〜してごらん
否定は不值得

〜のはずだ、に違いない、かもしれない

「会」〜のはずだ
否定は不会(はずはない)

「要」〜のはずだ
否定は不会(はずはない)

「该」〜するだろう
否定は不会(はずはない)

「得」きっと〜する、違いない(会より更に断定的)
否定は不会(はずはない)

「能」〜するだろう
否定は不会(はずはない)

「可能」〜かもしれない
否定は不可能(しないだろう)

以上となります。
他の文法もこちらにまとめていますのでご確認ください。

ではでは!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、社会人として約11年勤めてきたが30代半ばにして中国への留学を決意。30代からの中国語学習の過程やその時初めたブログ運営についてわかりやすくご紹介していきたいと思います!!