詳しく簡単解説 中国語基礎文法 得と地の使い分け

スポンサーリンク

詳しく簡単解説 中国語基礎文法 得と地の使い分け

今回は「地」と「得」の使い分けについて勉強していきます
それぞれの詳しい文法解説は、こちら⇨「地」「得」に明記していますのでまずご確認ください。

彼は急いで食べた「他很快吃了」
彼は食べるのが早い「他吃很快」

まずそれぞれの文法用法を確認していきましょう

地について

中国語の「地」は連用修飾語(状語)で使用され、動作に関する様子や状態を表します
「地」は日本語の連用修飾成分の「く」や「に」に相当し、実際の意味はありません。
「地」は必要な場合と不必要な場合などありますのでこちらで確認してください。

李さんは感謝しながら言った
老李感动
彼は毎日真面目に働いている
他每天认真工作

得について

得は補語として用いられ、用法は様態補語と程度補語の2つあります。

様態補語

動詞+得+(副詞)+形容詞
動作の様態を表す場合、様態補語が使えるのは評価・描写・結果の3つの場合のみです

「評価」
彼は走るのが早い
他跑很快

「描写」
彼の手は高く挙がっている
她的手举高高的

「結果」
彼女は泣いて目が赤くなった
他哭眼红了

形容詞+得+動詞+目的語
形容詞+得+介詞構造+動詞
形容詞+得+介詞構造+形容詞
形容詞の様態補語は「得」の後に動詞と目的語など、あるいは「介詞構文」か「文」でその動作の様態を示します。また形容詞の後に、「動詞+目的語」でその形容詞の様態を示します

私達は嬉しくて飛び上がった
我们高兴跳起来

程度補語

形容詞+得+副詞

程度補語の得を使う場面は、形容詞の程度がどれほどのものかを表す場合に用いられます

私はお腹が突然痛くなった
我肚子突然疼

この文に程度補語の「得」を使い、どれほど痛いのかを表現します

私はお腹が突然激しく痛くなった
我肚子突然疼厉害

使い分け方

語順について
[地]
形容詞+地+動詞
[得]
動詞+得+形容詞
形容詞+得+動詞+目的語

ニュアンスの違い
ちゃんと中国語を話しなさい

你好好说中文
あなたの中国語はとても上手です
你的中文说很好

彼は真面目に勉強をしている
他在认真学习
彼はいつも真面目に勉強します
他学习很认真

以上となります

ではでは!

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、社会人として約11年勤めてきたが30代半ばにして中国への留学を決意。30代からの中国語学習の過程やその時初めたブログ運営についてわかりやすくご紹介していきたいと思います!!