詳しく簡単解説 初級中国語文法 尽管と虽然の違い

スポンサーリンク

詳しく簡単解説 初級中国語文法 尽管と虽然の違い

尽管~可是(不过,但是)も、虽然~可是(不过,但是)も「〜けれども〜」という意味です。
同じ用法として使われる時もありますが、少し違いがあります。説明してきます

客観的な事実の逆説は虽然を使う

自分の感情を含まず単に事実の逆説を述べる時は、虽然しか使えません。

このケーキはとても美味しいけど、大変高い
虽然这个蛋糕很好吃,可是很贵

未来のことも虽然しか使えない

虽然は過去・現在・未来のことに使えますが、尽管はすでに行われた、あるいは行われていることにしか使えません。

彼は忙しくても、明日きっと来るだろう
虽然他很忙,可是明天一定会来的

この文の後半は未来のことなので尽管が使えず、虽然しか使えません。もし「彼は忙しいけれど、毎日来る」という文であれば、「尽管」も使えます。

尽管の方が不満や評価などの感情が強い

虽然「単に事実の逆説を述べるだけ」
尽管「その事実に対して不満や評価などの感情がある」

評価している
①彼は忙しいにも関わらず、それでも毎日2時間勉強する
尽管他很忙,可是他每天学习两个小时

不満がある
②宿題は多くないにも関わらず、それでも彼はやらない
尽管作业不多,可是他还是不做

もし①②ともに、虽然を使うと「①彼は忙しいがそれでも2時間勉強する」「②宿題は多くないがそれでも彼はやらない」などといった単に事実を述べている文になります。

以上です

ではでは!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、社会人として約11年勤めてきたが30代半ばにして中国への留学を決意。30代からの中国語学習の過程やその時初めたブログ運営についてわかりやすくご紹介していきたいと思います!!