日本語解説付きの中国語参考書「漢語口語速成」について

スポンサーリンク

日本語解説付きの中国語参考書「漢語口語速成」について

今回は汉语口语速成シリーズについてご紹介したいと思います。このシリーズは日本の中国語教室などでも使用されている本でご存知の方も多いかと思います。

このシリーズは
入門編上
入門編下
基礎編
提高編
中級編
级編

6から構成されており、基礎編までの3つは日本語解説付きです。ですので独学で勉強している方でも勉強しやすい教材となっています。

私が手元にあるのは①入門編下②基礎編③提高編です。

このシリーズですが基本的にCDは別売りとなっています。メルカリなどで700円前後で売っています。

しかしながら私がもっている提高編は表紙が違います。これは最新版の第三版で出版元が北京语言大学から北京大学に変更されているためです。この第三版の提高に関しては北京大学出版社のサイトから音源をダウンロードするしくみになっていますのでどなたでも音源を確認することができます。やり方はこちらから確認できます。

スポンサーリンク

それぞれの特徴

それぞれの特徴をご紹介します。本の中身に関しては下記に写真を載せていますのでご確認ください。

入門編下

漢語口語速成・入門篇(2)(日語注釈本)下冊(中国語) (対外漢語短期強化系列教材)

こちらはすべてピンインが表記されているため初学者でも勉強しやすい構成となっています。

文法の説明も明記されていますがあまり詳しくは書かれていません。


可能補語の説明


方向補語の説明

ただ初学者の場合は文法のさわりだけでもしっかり理解できていれば問題ないかと思います。

この本のレベルはだいたいHSK3級レベルですが、HSK3級レベルであればこの本で勉強するより日本で販売されている本で勉強した方が身につきやすいのではないかと思います。

もちろん中国語の先生と一緒に勉強するにはいい参考書だと思いますが///

基礎編

漢語口語速成・基礎篇(2)(日文注釈版)(中国語) (対外漢語短期強化系列教材)


この本はHSK4級レベル〜HSK5級の初めぐらいのレベルに相当します。この本とHSK5級単語を勉強すればHSK5級には合格できるかと思います。

内容は文法の説明はなく、接続詞や副詞をメインに口语で使用されるフレーズなど言葉の説明や使い方を明記しています。

日常会話レベルからステップアップし、すこし表現を豊かにしてくれる教材かと思います。

提高編

汉语口语速成:提高篇(2)


こちらがわたしがもっている第三版です。

アマゾンでは現在第二版かありません。私がもっている第三版はまだ販売されていないようです。第二版と第三版では作者は同じなので中身に大きな違いはないかと思います。上記でも明記していますが第三版の音源を確認したい場合はこちらで説明していますので聞いてみてください。

この本はHSK5級に完全対応した内容で単語もだいたいがHSK5級に出題される単語ばかりです。単語は難しくなっていますが文の構成は基礎編をあまり変わりがないので基礎編ができてる人であれば問題なく進められるかと思います。

しかしこの提高からは日本語での解説がなくなるため自分で調べていく必要があります。

 

本の内容について

それぞれの本の中身を写真でご紹介していきます

入門編下

16課

20課

25課

基礎編

1課

2課

14課

21課

 

提高編

1課

4課

5課

9課

19課

以上が汉语口语シリーズのレビューです。独学者の方でどうしても日本語解説があった方がいいというのであればこのシリーズで勉強するといいかと思います。

ではでは!!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、社会人として約11年勤めてきたが30代半ばにして中国への留学を決意。30代からの中国語学習の過程やその時初めたブログ運営についてわかりやすくご紹介していきたいと思います!!