中国語の発音を初心者でも独学で勉強できる本と勉強法のコツ

スポンサーリンク

 中国語の発音を初心者でも独学で勉強できる本と勉強法のコツ

中国語を独学で勉強する方にとって悩ましいのがどの本を使用したらいいかですよね。
私の家には16冊ほどの本があります。

私が参考書を買う上で参考にしているのが、Amazonのレビューです。購入している本のほとんどがAmazonのレビューで4以上ばかりです。

この中から初心者が独学で学習を進める上でオススメな参考書と、勉強法をお伝えしていきます。
ちなみに初心者とはHSK4級までを想定しています。

今回は初級の発音編です。

スポンサーリンク

中国語発音にオススメ教材

中国語学習において非常に大切な学習は発音です。
日本人にとって外国語の中で一番習得しやすい言語は中国語だと私は考えています。中国語は英語と違い、動詞の変化や三単現のsといったよくわからない規則はありません。漢字を組み合わせるだけなのです。
発音ができれば必ず中国語を身につけることができます。
ですのでしっかり発音の基礎を固めていきましょう

発音の入門書はこちら
紹文周の中国語発音 完全マスター

四声から母音・子音までしっかり勉強ができます。
練習もたくさんあるので学習しやすい参考書です。
後ろのページには四声の組みわせが様々な単語もありますのでこれをしっかりやれば単語まで発音できるようになります。

ただ四声や母音・子音を初めて勉強するのにもっといい方法があります。
YouTubeです笑

私は最初、上記の参考書を購入する前はYouTubeを見て発音の練習をしていました。
やはり動画付きだとわかりやすいです。
ですので本当に初めて発音を学習する際はYouTubeをオススメします。
YouTubeである程度コツが掴めてきたら紹文周の中国語発音 完全マスターで勉強していきましょう。

そして次にオススメなのがこちら
声調完全マスター

中国語において難関なのが四声です。
単語だけだとしっかり発音できるのに音節が増えてくると四声や発音ができないことに悩まされます。
その悩みを解決してくれるのがこの本です。
7音節までの発音が載っており、これをしっかり発音できるようになれば簡単な文章でも発音できるようになるかと思います。

最新おすすめ教材
中国語発音完全教本

CD3枚付 日本人のための 中国語発音完全教本 

上記の中国語発音完全マスターは2003年に発売されていますが、この中国語発音完全教本は2017年発売となっており最新の中国語発音教材となっております。おすすめは中国語発音完全教本です。ここで中国語発音完全マスターと中国語発音完全教本の違いを少しお伝えしたいと思います。

子音の説明について

中国語発音完全マスター

中国語発音完全教本

中国語発音完全教本は絵だけではなく写真付きで説明してくれています。fの発音の際、前歯の使い方がポイントになるのですが写真付きだと他の子音との発音の違いがわかりやすいかと思います。

曖昧母音のeの説明の違い

中国語発音完全マスター

中国語発音完全教本

最初発音するのが難しく感じる曖昧母音のeですがこちらに関しても中国語発音完全教本の方が詳しく説明してくれておりわかりやすいです。

anとangの説明の違い

中国語発音完全マスター

中国語発音完全教本

anとangの発音の違いはすぐには理解しがたいところです。この母音の発音の仕方の違いも中国語発音完全教本の方が詳しく明記されています。

 

三声の説明の違い

中国語発音完全マスター

中国語発音完全教本

四声の中で発音の仕方が難しいのが三声です。この音は一般的には「下がってから上がる」という説明で習うことが多いかと思いますが実際発音する際は、上がることはなく下がったままで発音しなければなりません。とにかく低い音が三声になります。ただし例外があり三声で終わる言葉の場合は上がってoKです。

上記の説明に関しても中国語発音完全教本の方が明確に説明されております。実際「下がって上がる」という教え方より「とにかく低い音」という認識の方が私もいいかと思います。

二音節以上の練習の違い

中国語発音完全マスター

中国語発音完全教本

練習問題となり二音節以上の発音の仕方に関しても中国語発音完全マスターの方はただ練習をするだけになっていますが中国語発音完全教本の方は発音のコツもしっかり明記されています。この説明の仕方は「声調完全マスター」と似ています。

上記のように今から発音の勉強をするなら中国語発音完全教本がおすすめです。

 

以上が初級の中国語発音教材です。

中国語発音のオススメ勉強法

発音の勉強ですがあると大変便利なアイテムがあります。
①鏡②Siri③ボイスレコーダーもしくはボイスレコーダーアプリです。

鏡について

まず鏡ですがこれは絶対に必要です。中国語は日本語より口の動きが激しく、さらに口の形に注意しなければ正確に発音できません。
口の形がどのようになっているのか確認しながら練習してください。

Siriについて


そしてSiriです。独学の場合、自分の発音が合っているかどうかわかりませんよね・・・発音の学習で一番悩まされます。
合っているのかどうかを確認してもらうのは中国人にしてもらった方がいいですがなかなか周りにいません。
その時に頼りになるのがSiriです。
SirIを中国語設定にして、中国語で単語を話して見てください。
もし発音が合っていれば発音した単語が画面に表示されます。
これで合っているかどうかの目安になります。
ただSiriで反応してくれなかった発音でも、中国人に聞いてもらうと通じることが多々ありますので一つの目安として考えてください。
Siriの中国語設定方法はこちらに載せています。

ボイスレコーダーについて

続いてボイスレコーダーです。自分の発音がどのように聞こえているのかを自分の耳でしっかり聞ければ修正しやすいですよね。
ボイスレコーダーはわざわざ購入する必要ありません。アプリなどでもOKです。
ただ更に便利なのがHelloTalkというアプリです。
このアプリ内にあるボイス録音機能を使えば、自分が発音した言葉も再度聞くことができるのと、その言葉が画面に表示されます。
こんな感じです

今回、私は「我没吃过」と発音してボイス録音を行いました。その発音した音が画面に出てきています。発音が合っていてほっとしました笑
赤丸部分を押すと再度自分の発音を聞くことができます。
HelloTalkの詳しい使い方はこちらに載せていますのでご確認ください。

以上が初級中国語発音のオススメ教材と勉強方でした!!

中国語を独学で勉強するための参考書ついてこちらでまとめていますので確認してみてください。発音のコツはこちらにございます。

ではでは!!

追伸 おすすめBluetoothイヤホン
リスニングの練習のための必須アイテム、Bluetoothワイヤレスイヤホンでオススメのやつをこちらで紹介していますのでよければご確認ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、社会人として約11年勤めてきたが30代半ばにして中国への留学を決意。30代からの中国語学習の過程やその時初めたブログ運営についてわかりやすくご紹介していきたいと思います!!