上海の中国銀行で両替して来ました

スポンサーリンク

上海の中国銀行で両替して来ました

本日、上海の東華大学の近くにある中国銀行で日本円を中国元に両替して来ました。持って行ったのはパスポートと学生証です。

こちらが私が行った銀行です⇩

私が本日行った中国銀行はレインボーホテル上海(上海虹橋宾馆)の隣にあります。学校からも歩いて5分ぐらいです。

まずお店に入って警備の人に「想换成人民币」と言うと横にあった端末を使って番号が明記された紙を渡してくれました。この流れは日本の銀行と同じですね。

窓口の前にある椅子に座って待っていると自分の番号になったので窓口に行きました。とりあえずパスポートと現金2万円を窓口の人に渡しました。

そうしたら紙を渡され名前などを明記していきます。ちなみに合計5〜6枚ぐらいの紙に名前などを明記していきました。
控えで私が持っているのは4枚です。

書いた内容は
①自分の名前
②中国国内の携帯番号
③日本の携帯番号
④今住んでいる住所
⑤日本の住所

ぐらいです。これらを渡される紙の必要な箇所に明記していきました。結構厳しいんですね・・・途中で大学の学生カードも提示しました。

その後、窓口の人がパソコンから私の持っている中国携帯の方にショートメールを送ってきました。こんなやつです⇩

ここのブルーの文字になっている数字を窓口のところにある数字を打ち込む機械に入力しました。

そして最後にまた紙にサインして終了です。15分ぐらいかかりました。。。

こちらが明細です。

今回は2万円を両替してみました。受け取った元が1,105.74元です。約1,105元ですね。

レートで換算すると1元=18円ぐらいです。ちなみに本日の市場レートはこちら⇩

1元=17,44円となっているので約3%の手数料が発生しています。
これならやはり日本で在日の中国銀行でカードを作って両替したほうがお得です、手数料は1%だけですので。やり方はこちらに明記しています。

上海で両替する際は、パスポートとあと身分を証明できるものを一枚あるといいかと思います。私の場合は学生カードでしたが・・・

ではでは!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、社会人として約11年勤めてきたが30代半ばにして中国への留学を決意。30代からの中国語学習の過程やその時初めたブログ運営についてわかりやすくご紹介していきたいと思います!!