詳しく簡単解説 中国語基礎文法 前置詞(对于,对,关于,根据,按照,为了,为)

スポンサーリンク

詳しく簡単解説 中国語基礎文法 前置詞(对于,对,关于,根据,按照,为了,为)

 

スポンサーリンク

動作・行為の対象の前置詞

对于「〜に対して」「〜に関しては」

この問題についてはまだよくわからない
对于(对)这个问题,我还不了解

あの国は公害の問題にとてもよく対処している
那个国家对于(对)公害问题处理的很好

彼らはこの事件に対して、報復の行動を取るだろう
○他们这件事报复行动的
×他们对于这件事报复行动的

「对于」は「对」の置き換えることができます。
「对于」は感情や態度を示すのではなく、対処や考えなどの動作が要求されます。
そして、副詞の後には使うことができません。

对「〜に対して」

私は野球に興味がない
我没兴趣棒球
→我棒球没兴趣

对がなくても間違いではありませんがあったほうがより中国語っぽくなります。

王先生は私達に大変親切です
○王老师我们很好
×王老师对于我们很好

私は彼に失望した
○我他很失望
×我对于他很失望

「对」は人・物・事について使用します(对于は使用できない)
上記で説明した通り、副詞の後にも使用できます。

关于「〜に関して」

この本は少年犯罪に関する本だ
○这本书是关于少年犯罪的书
×这本书是对于少年犯罪的书

少年犯罪について、ちょっと話し合ってください
关于少年犯罪,你们讨论讨论吧
对于少年犯罪,你们讨论讨论吧

「关于」が指す内容は、後の動詞の対象でも対象でなくても良い
「对于」の指す内容は、必ず後の動詞の対象でなければならない

少年犯罪について、みんな心を痛めている
对于少年犯罪问题,大家都很伤心
×关于少年犯罪问题,大家都很伤心

「对于」には心理・感情を表す動詞を使えるが、「关于」には使えない

少年犯罪について、もう少し研究してください
关于少年犯罪问题,你们再研究研究吧
你们对于少年犯罪问题,再研究研究吧

「关于」は必ず主語の前に置き、「对于」は主語の前でも後でも置ける

「对于」と「关于」の違い(まとめ)

「关于」
・指す内容は、後の動詞の対象でも対象でなくても良い
・心理・感情を表す動詞を使えない
・必ず主語の前
「对于」
・指す内容は、必ず後の動詞の対象でなければならない
・心理・感情を表す動詞を使える
・主語の前でも後でもどちらでも可

 

根拠・拠り所を表す前置詞

根据「〜によれば」

現地の状況に沿って解決方法を決めます
根据当地情况,确定解决方法

私達は上の指示に従って仕事を展開しなくてはならない
我们要根据上面的指示开展工作

名詞や動詞の前に置き、「〜に基づいて」の意で根拠を示す
後の動詞は目的語を持たず、名詞のような使い方をする

按照「〜の通りに、〜に従って」

説明書の通りに操作してください
按照说明书操作

スケジュールによれば私達は明日、万里の長城に行くことになっている
按照日程我们明天去长城

必ず処方箋の説明に従って薬を飲むべきです
你一定要按照说明吃药

語句や文の前に置き、「〜に照らして、〜の通りに」と基準を表す

目的を表す前置詞

为了「〜のために」

夏休みに中国に留学するために、毎日バイトをしている
为了暑假去中国留学,我每天都去打工

为了は「何かをするために」、つまり「ある目的のために」を表します。必ず複文で使用されます。前の分句で为了の後に目的を述べ、後の分句ですることを述べます。

君のために、教えてあげるよ
为了你,我才告诉你啊

時々、複文の前半に为了の後に名詞が来て、目的に見えないことがありますが実際にはある目的が含まれています。
上記の文では、「君を助けるために(为了帮助你)」という目的が含まれています。

为「〜のために」

みんなは彼の成功を喜ぶ
大家都她的成功高兴

私は子供のために心配しています
我的孩子担心

为は「対象に」「誰々に」に使われます。目的ではなく対象です。複文ではなく単文で使用されます。
为の後には動詞や動詞区は置けず、名詞か名詞句しか置けません。動詞を置きたい場合は、「为+名詞+動詞」にする必要があります。

以上となります。
ではでは!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、社会人として約11年勤めてきたが30代半ばにして中国への留学を決意。30代からの中国語学習の過程やその時初めたブログ運営についてわかりやすくご紹介していきたいと思います!!